妊娠中に体重が増えすぎてしまった!胎児への影響やおすすめの食事管理を徹底解説

妊娠・出産・育児
スポンサーリンク

こんにちはぽぽです❁

こんな方向け
  • 妊娠中の方
  • 妊娠で体重が増えすぎてしまった方
  • 妊娠中で体重管理をしたい方
  • パートナーの方

今回は妊娠中の食事管理・食事制限についての記事です

実際に私は体重を増やしすぎてしまい栄養相談を受けました…

なので思っている以上に体重が増えてしまった方や注意を受けている方の役に立つ記事になっています

なぜ体重が増えすぎてはいけないのかについてもまとめてあるので最後まで読んでみてくださいね

スポンサーリンク

妊娠中にどこまで体重を増やせるのか

  • 妊娠前のBMI値=18未満   →  +10~12㎏
  • 妊娠前のBMI値=18~24(標準)→  +7~10㎏
  • 妊娠前のBMI値=24以上   →  +5~7㎏
  • BMI値=体重<kg>÷(身長<m>×身長<m>)

基本的には上記の数値が目安になります

妊娠初期はつわりの影響で一時的に体重が減少したり体重増加があまりないことが多いです

問題はつわりが落ち着いた後の安定期からが注意です

この時期は食べれなかった反動から食欲が増加する傾向があり体重が増えやすいです

実際に私も安定期の時期に1か月+4㎏増えてしました…

妊娠後期は赤ちゃんの体重が増えていくので後期は母親の体重が勝手に増えてしまいます

なので安定期は1か月+1㎏~1.5㎏を目安に増やすといいでしょう

出産前の体重制限はかなり大変です

妊娠で体重が増えすぎると胎児にどんな影響がでるのか

  • 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる
  • 産道に脂肪がついて難産になる

主に上記の2点が胎児に影響が出ると言われています

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる

妊娠中に注意すべき病気や

妊娠高血圧症候群についてはこちらの記事に詳細がまとめてあります☟☟

妊娠糖尿病

この病気は妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常の事を指します

妊娠前に糖尿病と診断された場合や妊娠中に明らかな糖尿病と診断された場合は妊婦糖尿病には含まれません

この場合は妊婦糖尿病よりも厳密な管理が必要になります

妊娠後期になりやすくなります

妊娠糖尿病になるとどんな影響があるの?

  • 母体=妊娠高血圧症候群の合併症・流産や早産の危険・感染症の併発
  • 胎児=巨大児・新生児低血糖症

主に上記になります

また妊娠糖尿病になると出産時の帝王切開の確率が増えることもあります

このようなリスクを伴わないためにも体重管理を日ごろから意識していきましょう

おすすめの体重管理の方法

  • 食事の管理
  • 適切な運動

当たり前のように感じますがやはりこの2つが基本となります

ただし注意も必要です

食事の管理

体重が増えすぎたからと言って過度の管理はしてはいけません

妊娠中はバランスよく且つ適切なカロリー内に抑えることが重要になります

妊娠中の目安カロリーは普段の運動量にもよりますがここでは標準で説明します

  • 2000~2050キロカロリー
  • 妊娠初期=+50キロカロリー
  • 妊娠中期=+250キロカロリー
  • 妊娠後期=+500キロカロリー

になります

目安としては

+50キロカロリーは妊娠前とほとんど変わりません

+250キロカロリーは白米1膳分になります

+500キロカロリーは白米2膳分になります

どの時期も注意していないとオーバーしてしまうので気を付けてくださいね

適切な運動

これはできる人はやった方がいいでしょう

しかし絶対安静や安静の指示を医師から受けている場合は安静することに専念しましょう

どんな運動をすればいいの?

過度な運動はおすすめしません

おすすめの運動は

  • ウォーキング
  • スイミング
  • ヨガ

が代表的なものになります

特におすすめなのがウォーキングです

普段の散歩を安産のためのウオーキングにしましょう

ウォーキングの前後にはストレッチを忘れずに行いましょう

いつから運動した方がいいの?

基本的には安定期に入った時期からです

運動にはウォーキングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動があります

妊婦には有酸素運動がおすすめです

おすすめの簡単レシピ

私が実際に食べていたレシピを紹介します

レシピと言っても簡単なのですぐに実践できます

  • サラダ

の2点です

もはやレシピでもないのですがかなりおすすめです

鍋は簡単に野菜が摂取できるのとカロリーが低く代謝がよくなるというメリットが多いです

1人用の鍋キューブなども売っているのでお昼や夕食におすすめです

私はお昼ご飯を鍋にしていました

注意点としては

汁は飲まない

〆は軽くする

の2点です

サラダ

これは多くの女性が普段から摂取していると思います

夕食の前にサラダを少し多めに摂取することをおすすめします

満腹感を感じられ摂取カロリーを抑えられます

実際に食べていたサラダがこちらです☟☟

サラダの中身はお好みに合わせるといいでしょう

合わせて読みたい記事

合わせて読みたい記事はこちらから☟☟

0

コメント

にほんブログ村

にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

お問い合わせ

    お問い合わせ

      タイトルとURLをコピーしました