妊娠悪阻体験者が教える妊娠悪阻とつわりの違い 妊娠悪阻になった時の対応

妊娠・出産・育児
スポンサーリンク

こんにちはぽぽです❁

こんな方向け
  • 妊娠中の方
  • パートナーの方
  • つわりに苦しんでいる方

今回は妊娠中に起こるトラブル・つわりと妊娠悪阻の違いについてまとめました

妊娠悪阻という言葉自体初めて聞いた人もいるでしょう

細かく書いてあるので気になるところだけでも読んでみてくださいね

最後に合わせて読みたい記事を載せています

スポンサーリンク

妊娠中に起こるトラブル

妊娠中は初期から後期まで様々なマイナートラブルが起こります

そのトラブルについてまとめた記事があるので是非参考に

また妊娠中に薬は飲んでいいのか についての記事もあるのでこちらも是非

つわりと妊娠悪阻

つわり中でも飲みやすい葉酸サプリです

つわりとは

そもそもつわりって何?

つわりの症状としては基本的には妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のことを指します

しかし稀に妊娠初期で終わらずに妊娠中期・妊娠後期まで続く妊婦もいます

そしてつわりは妊娠初期の女性の50〜80%が経験するとされています

つわりはいつから起こるのか

つわりはいつから起こるの?

一般的には妊娠5〜6週ごろから始まり12〜16週ごろまで続くと言われています

徐々に症状が落ち着く人もいればある日いきなり症状が落ち着く人もいます

つわりが起こる原因

つわりが起こる原因は?

つわりが起こる原因は明らかになっていませんが次の要因が関わっていると言われています

  • ホルモン分泌の変化
  • 代謝の変化
  • 精神的な変化

妊娠悪阻とは

妊娠悪阻って?

妊娠悪阻は大まかにいうと

何度も嘔吐を繰り返しほとんど食事ができないという状態が1日中続く=つわりの重度

また妊娠悪阻は4つのレベルに分かれています

  • 1期
  • 2期
  • 3期
  • 4期

1期…何度も嘔吐を繰り返しほとんど食べ物を摂取できない状態を指す また体重減少が始まる

2期…飢餓状態になりケトン体の数値が増加

3期…ケトン体の急激な増加による胸中や腹水の貯留などが見られる

4期…意識障害や小脳障害を引き起こし最悪の場合命に危険が及ぶ恐れがある

つわりと妊娠悪阻の違い

つわりは症状で吐き気や嘔吐

妊娠悪阻は病気で過度の嘔吐・著しい体重減少

妊娠悪阻になったら

基本的には通院治療入院治療になります

点滴による治療が効果的です

また妊娠悪阻になった場合傷病手当金も申請できるため仕事を休職することも可能

無理して仕事を続ける必要はありません

母体のためにもしっかりとした休養・治療が必要です

合わせて読みたい記事

・妊娠中に注意すべき病気☟☟

最後までぽぽブログを見てくださりありがとうございます❁

いいね・コメント・フォローお待ちしています

+1

コメント

にほんブログ村

にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

お問い合わせ

    お問い合わせ

      タイトルとURLをコピーしました